本庄市・児玉郡上里町にある、てしがわら接骨院の四十肩・五十肩施術

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院へのアクセス〒369-0311 埼玉県児玉郡上里町勅使河原1158-1
tel:0495-35-3800 院長:勅使河原一雅

四十肩・五十肩

このようなお悩みは本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院にご相談ください!

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院 四十肩・五十肩

  • 肩が痛くて腕が上がらない
  • 夜、寝ている時に肩が痛くて眠れない
  • 注射や湿布では肩の痛みが変わらない
  • 服を着替える時に肩が痛い
  • 肩が痛いがレントゲンで異常なしと言われた

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院 四十肩・五十肩 根本改善

四十肩・五十肩とは|本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院 四十肩・五十肩の検査四十肩・五十肩とは、肩関節周辺の痛み運動制限を伴う状態です。

四十肩と五十肩は何が違うの?といった質問を受けることがよくありますが、40代~50代に好発するため、四十肩あるいは五十肩と呼ばれており、四十肩も五十肩も同じものです。

正確には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、腕が上がらなくなるのが特徴です。

レントゲン等では明らかな異常がないため、痛み止めや湿布、電気などの処置で終わることが多いようです。

基本的には自然治癒することが多いのですが、肩関節の違和感や運動制限が残ったり、再発のリスクが排除できないままになってしまいます。

四十肩・五十肩の症状|本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院

四十肩・五十肩は、何の前触れもなく肩関節の違和感や痛みが出現し、腕が上がらなくなってきます。これは肩関節周辺の「筋肉の拘縮」と関節を包む袋である「関節包の拘縮」が主な原因です。

急性期は、強い痛みがあり、ひどいと肩関節周辺だけではなく指先まで痺れるような激しい痛みを伴うことがあります。これは放散痛といって、肩から腕、指先にかけて痛みや痺れが出現するものです。この時期は、個人差がありますが数日から数週間続きます。

その後、慢性期になると、鋭い痛みから鈍い痛みに変わり、肩を動かしづらい状態が続きます。運動制限があるので、髪を洗う洋服を着替える洗濯物を干すなど日常生活動作に支障が出てきます。この状態も数週間から数カ月と人によって大きく異なります。

次第に少しづつ動かせるようになると、個人差はありますが徐々に元の状態に近づいていきます。

また、夜間痛といって、就寝中の痛みがあり、なかなか寝付けなかったり目が覚めてしまうといった症状も特徴的です。これは「筋肉の弱化」と「骨内のうっ血」が原因とされています。

四十肩・五十肩は症状によって施術方法や期間が違います。本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院では、四十肩・五十肩の具体的な施術プログラムをご提案しています。お気軽にご相談ください。

四十肩・五十肩の施術|本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院 四十肩・五十肩の施術本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院では、整体を中心に四十肩・五十肩を施術していきます。

肩は他の関節と比べて動きが大きいため、色々な方向に動きます。つまり、人体の中で最も可動域が大きい関節です。

そして、筋肉や関節包によって固定されているため、この筋肉、関節包などが拘縮や癒着を起こすと動きが悪くなります。

腕を上げるためには、筋肉と肩甲上腕関節肩甲胸郭関節肩鎖関節胸鎖関節の4つの関節が協調して動かなければなりません。

これらの関節の可動域が低下し、腕が上がらなくなってしまいます。

その為、それぞれの可動域を正常にするために「筋肉の調整」と「関節包の調整」を行い、早期に状態の回復を図っていきます。

また、四十肩・五十肩は大きく3つのタイプに分類されます。

①筋肉の拘縮のみ

②筋肉の拘縮 + 関節包の拘縮

③筋肉の拘縮 + 関節包の拘縮 + 癒着

タイプによって、施術方法や施術期間が変わってきます。患者様の症状をしっかりと確認して、最善の方法をご提案させていただきます。

本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院で、四十肩・五十肩の早期施術をご希望の方は、お気軽にご相談ください。