本庄市・児玉郡上里町にある、てしがわら接骨院

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院へのアクセス〒369-0311 埼玉県児玉郡上里町勅使河原1158-1
tel:0495-35-3800 院長:勅使河原一雅

骨盤矯正を受けても症状や歪みが良くならない人がいるのはなぜ?デメリットはある?

2021年08月13日

こんにちは!

 

本庄市・児玉郡上里町にある、てしがわら接骨院・整体院院長の勅使河原です。

 

今年で開院8年目を迎えましたが、開業当初から骨盤矯正による施術を行ってきました。

 

現在も骨盤矯正は施術の中心となるメニューとなっております。

 

今回は、てしがわら接骨院・整体院が考える骨盤矯正についてお話をさせていただきたいと思います。

 

骨盤が歪む原因は?整えるためには何が必要?

ところで、なぜ骨盤は歪むのでしょうか?

 

出産をすると骨盤が歪む(開く)というのは、よく聞くことではないでしょうか。

 

確かに、出産によって骨盤が歪んだり開いたりします。

 

しかし、男性や出産を経験していない女性も骨盤は歪みます。

 

なぜでしょうか?

 

実は、骨盤が歪む原因は「生活習慣」だからです。

 

具体的には、日頃の「悪い姿勢」や「偏った動作」によって骨盤の歪みが作られます。

 

ただ、悪い姿勢や偏った動作をしたから、すぐに歪むわけではありません。

 

これらを繰り返すことにより、一定期間をかけて徐々に歪んでくるのです。その為、骨盤の歪みはその人の姿勢や動作の歴史を表していると言えます。

 

そして時間をかけて歪んだ骨盤は、その状態で維持されてしまいます。

 

なぜ歪んだ状態で維持されてしまうかというと、「形状記憶機能」というものが関係します。

 

これは、もともと人の身体に備わっている機能で、骨盤矯正を行う上で必ず考えていかなければならないポイントになってきます。

 

「形状記憶機能=癖」と考えていただくとイメージしやすいかと思いますが、骨盤が歪んでいるということは、体に歪みの癖がついてしまっているということです。

 

つまり、骨盤矯正で骨盤の歪みを整えるためには、「形状記憶の解除=歪みの癖を取り除く」ことが重要になります。

 

 

骨盤矯正を受けても良くならない人がいるのはなぜ?

実際、骨盤矯正を受けても症状や歪みが良くならない人は少なからずいらっしゃいます。

 

それはなぜなのでしょうか?

 

考えられる理由は大きく2つあります。

 

①形状記憶機能が解除できていない

②正しい姿勢や正しい動作が意識できていない

 

まず、①形状記憶機能が解除できていないケースですが、形状記憶機能=癖と説明させていただきました。

 

皆さんも日常生活で、ついついやってしまう何かしらの癖があるかと思います。

 

この癖は、一度注意されただけで治りますか?1日意識しただけで治りますか?

 

おそらく無理だと思います。

 

それは癖というものは、一定期間かけて無意識に習慣化されたもので、その習慣事態を変えなければ癖は治らないからです。

 

つまり、歪んだ位置で形状記憶されてしまった骨盤を、正しい骨盤の位置で癖付けていくことが出来なければ骨盤の歪みは良くならないということです。

 

次に、正しい姿勢や正しい動作が意識できていないケースですが、そもそも骨盤が歪む原因は悪い姿勢や偏った動作などの生活習慣によるものです。

 

どんなに骨盤矯正で骨盤を調整したとしても、その後、足を組んでいたり片方の足に体重をかけて立っていたりしたらどうでしょうか?

 

またすぐに歪んでしまいますよね?

 

姿勢や動作は習慣化されていますので、いきなりすべてを改善したり意識したりというのは難しいと思います。

 

ですから、正しい姿勢や動作をしっかり習慣化していく必要があるのです。

 

姿勢や動作を気にしていなければ、骨盤の歪みはよくなりません。

 

このように、身体のメカニズムや歪みの原因をしっかり理解し、それに対して対策を行わなければ骨盤矯正を受けても歪みや症状が良くならない場合もあるということです。

 

 

骨盤矯正の「デメリット」はある?

骨盤矯正を受けるメリットはたくさんあります。

 

骨盤が歪んだ状態で日常生活を送るよりも、バランスが良く整った状態で過ごしたほうが身体にとって良さそうな気がしませんか?

 

では、逆にデメリットはあるのでしょうか?

 

本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院は、骨盤矯正を受けることによってのデメリットはないと考えています。

 

どうしてもデメリットを1つ挙げろと言われれば、骨盤矯正によって骨盤を整える場合、1回ですべてをよくすることはできないということでしょうか。

 

しかしこれには明確な理由があり、人の身体に備わっている形状記憶機能により、歪みが形状記憶されてしまっているため、短期間ではどうしようもできない問題なのです。

 

その為、形状記憶を解除するには、一定の期間と施術の回数が必要です。

 

通院頻度と通院回数の最適化を行うことにより、正しい状態での癖をつけていくことができます。

 

・集中矯正期

→集中的に骨盤矯正を行うことにより、しっかりとした土台を形成する期間です。

・回復期

→骨盤の歪みをしっかり回復させていく施術のメインともいえる期間です。

・安定期

→整った骨盤の位置を身体に覚えさせる重要な期間です。

・メンテナンス

→整った状態を維持していくためのメンテナンス期間です。

 

このようなステップで条件を満たすことができれば骨盤は整いますが、逆に条件を満たせない場合は骨盤は整いません。

 

結論としては、てしがわら接骨院・整体院は様々な要因を考慮しても、骨盤矯正を受けない方がデメリットが大きいと考えられます。

 

本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院は開業当初から骨盤矯正を行っており、現在も大勢の患者様にご来院いただいています。

 

骨盤矯正を受けたい方、歪みでお悩みの方は、ぜひてしがわら接骨院・整体院にご相談ください。